工房より

生活工芸展 2022

今年も伊賀市内の旧崇広堂とgallery yamahon の2会場で生活工芸展が開催されています。旧崇広堂では、現代に木の器の魅力を広く伝えた木工家、三谷龍二さんの活動をまとめた冊子「1981 – 2021 木工房の40年」に掲載されている作品とエッセイも特別に展示されています。

つちや織物所からは、手紡布の巾着や手織りのバッグなど、袋物を中心に出品させていただいております。ご覧いただけましたら幸いです。

詳しくはyamahon のHPをご覧ください。

展覧会|伊賀 「生活工芸展 2022」開催のお知らせ。

令和4年 元旦

令和4年 元旦

あけましておめでとうございます。

今朝は薄暗いうちから近くの平城宮跡まで出かけ、日の出を迎えました。雪が舞う冷たい空気のなか、光り輝く太陽のエネルギーの強さに圧倒された今年の始まりです。

今後数年、もしかしたら数十年間にわたり社会の変動は続きそうで、私にとってそれはすんなりと受け入れられるものではないかもしれません。

それでもこうして自然の恵みを受け、信頼できる人たちがいて、自分の手で物を作ることができる。大いに嬉しいことです。

今年は10月に京都やまほんで展覧会を予定しています。
数年かけて取り組んできた綿の手紡ぎ手織りの仕事を、幅広くご覧いただきたいと考えています。

今年も良い年、楽しみ多き年にしたいものです。
みなさまにとっても良い年となりますよう願っています。

土屋美恵子

 

11月12月の工房ギャラリーご案内

11月12月の工房ギャラリーご案内

11月と12月はこれからの季節に向けてマフラーを中心にご覧いただきます。

11月21日(日)・22日(月)
12月5日(日)・6日(月)

ご予約いただき、一組さまづつご覧いただきます。

 

①11:00〜12:00
②13:00〜14:00
③14:00〜15:00
④15:00〜16:00

ご予約は電話またはEメールでお受けします。
お名前、電話番号、人数をお知らせください。

電話番号  0742-81-4702
Eメール nuno@tsuchiya-orimono.com

場所は、つちや織物所(奈良市山陵町649-2)工房内

最寄りの近鉄・平城駅から徒歩10分ほどの場所です。

駐車場もございますのでお車でもお越しいただけます。

 

 

 

©2006 Tsuchiya orimono-sho